求人情報サイトの活用/仕事内容・勤務先の場所・勤務時間・勤務日・必要資格・給料・応募先など、ネット・ハローワークでも

[求人情報]
就職しようと思ったときに、まず調べる必要があるのは求人情報です。
求人情報とは、仕事内容、勤務先の場所、勤務時間、勤務日、資格、給料、応募先などが書かれたものです。

以前は、求人情報の入手先として、職業安定所(ハローワーク)で調べたり、新聞・雑誌の求人広告欄、折込チラシ、ポスター(張り紙)などを頼りに探すのが一般的でした。
その求人広告欄だけをまとめて一つの本にしたのが求人情報誌です。それまでは雑誌などの後のほうにあった求人広告だけで、ひとつのマーケットをつくりあげた功績は大きいものです。

1980年代には女性専門の就職、転職情報誌「とらばーゆ」が発行され、会社で嫌なことがあって転職したい気分になった時に「とらばーゆする?」と言うのが流行語にもなりました。

求人情報誌は当初は有料(100円~200円程度)で販売されていましたが、インターネットの求人サイトが広まるにつれて求人情報が無料で見られるようになってきたため、現在ではほとんど無料のフリーペーパー形式で配られています。無料のものはコンビニ、スーパー等の店頭や駅前に置かれたり、街中で配布したりされています。

現在では、情報量が多く検索性も高いインターネットの求人サイトで求人情報を探すのが主流です。
とくに、新卒者向けの求人情報はほとんど就活サイトを利用するのが前提となっており、パソコン・スマホ・ケータイが必須アイテムとなっています。

公共職業安定所(ハローワーク)に登録されている求人情報もまだまだ活用されています。なかには新卒者向けの求人情報もあり、民間の求人情報サービスと合わせて情報収集すると便利です。
ハローワークへの求人登録は無料のため、企業によってはハローワークにだけに求人情報を出すところもあります。

カテゴリー: 就活情報サイト タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。