中途採用者の就職活動について。即戦力となる能力・経験・知識などが必須。就職浪人生が中途採用枠で入社することも

中途採用者の就職活動

中途採用とは、企業が退職や新規事業の立ち上げなどで不足した人材を、時期を決めずに募集するもので、新卒採用とは異なった目的があります。最近では、就職浪人生が中途採用枠で入社することもあります。
中途採用者は、その直前まで仕事をしていなかったということですが、そうなった原因はさまざまです。一般的には、昨今の不況による会社の倒産やリストラ、新しい仕事をするために自発的に退職した場合です。割合は少ないですが、引き抜き・スカウトなどによる中途採用(転職)もあります。

近年の不況によって、学校を卒業するまでに就職先が決まらない就職浪人生が増えています。学校卒業後、アルバイトなどをしながら就職先企業を探す人や、就職活動に専念する人も。また、一度入社したものの会社や社内の人間と折り合いが合わず、すぐに退職した人、公務員試験受験のため民間企業を一旦はあきらめたものの、受験に落ちて公務員浪人となった人なども、新卒採用ではなく中途採用枠で就職活動することになります。企業の方でも、第二新卒枠・就職浪人生枠などを用意している場合もあります。
企業の中途採用は基本的に、即戦力となる人材を確保するのが目的ですので、就職浪人生はすでに社会人経験のある人と競合することになり、就職がより厳しい状態になることも。

就職先を探す場合には、一般的にはハローワーク(公共職業安定所)で求人登録し、求人が出ている企業の紹介を受けます。ハローワークでは就職に必要な職業訓練の斡旋も受けることができます。
中途採用のポイントは、今までの仕事で身に付けた能力や知識、経験の量と質です。

新卒の場合は、いま持っている能力を、時間をかけて磨き上げ、将来の企業の中核となるような人材に育てていく目的で採用しますが、中途採用の場合には、採用してすぐに役に立たなくては意味が無いのです。
そのため、常に自分を分析し、将来のビジョンを明確に持ち、そしてその目的のために行動できることが必要です。自分磨きをおこたらず進むようにしましょう。

カテゴリー: 就職活動 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。