会社説明会・エントリーシートなど。民間企業に対する就職活動その2(大学生)/流れ・期間・最近の傾向

民間企業に対する就職活動(2)

3年生の秋ごろの時期から企業の説明会がはじまり、求人情報サイト(就活サイト)で情報収集をすることになります。以前は就活情報誌がメインでしたが、現在では大企業・中堅企業などの就職情報は、インターネット・スマホ利用で収集することがほとんどです。そして、気に入った企業が見つかれば応募することになります。

少し前までは履歴書を企業に郵送して応募する形が一般的でしたが、就職情報サイトが主流になってからは、各企業独自の形式でエントリーシートを提出・入力させるところが多くなってきています。また、履歴書・エントリーシートにある内容以外に小論文などを記述させるところもあり、これを書類選考の一次審査・一次選考としている企業もあります。

就職情報サイトの普及により、一人の学生が数十社、多い方では100社以上も応募している場合も珍しくありません。
そのため、各企業に多数の応募者が集まります。そこで、面接などの選考ができる適正な人数にまで絞り込むために、一次試験として、さまざまな手法の適性検査により、振り落としがあります。
今では、面接をする前に、ウェブ上で一次テストを行うこともあります。

これを通過すると一次面接に望むことができますが、この面接も複数回あることが多いです。
早い人だと3年生のうちに内々定、4年生の5月前後から内定が出始めるようです。

カテゴリー: 就職活動 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。